2018年8月21日

職種、勤務時間、働く場所etc…その内容を大解剖☆

エンジニアの定年は早いとされますが、これは技術革新のスピードが早いことが理由です。
そのため、エンジニアには多様な働き方が用意されています。

まず、業界全体で不足される管理職への転向があります。
現場での業務に携わるよりも長く働けるので、定年もそれだけ先の話となります。
必ずしも最先端の技術を習得する必要がなく、人材活用のスキルを身に付けることが必要です。

現場での開発にこだわるのであれば、独立するのも1つの手段となります。
実際に多くのエンジニアは定年を迎える前に独立し、自分なりのキャリア設計をしています。
もちろん、独立したからといって長く業務に携われるわけではありません。
年齢の経過と共に新しい技術の習得が難しくなるからです。
けれども独立することで、様々な業務に携わるようになりますし、その結果コンサルタントなどへ転向することも可能となります。
会社員として勤めると、そのようなスキル磨きは難しいとされています。
効率的な作業を求められるので、新たな技術磨きやスキル向上が難しいからです。
いずれにしても、会社員として現場での開発に携わるのは、それほど長い期間ではありません。

そのため、自分でキャリア形成のための計画を立てる必要があります。
多様な働き方が提供されているので、自発的に行動することが求められます。
クラウドによる委託業務が増えたことで、独立しやすくなったのも追い風となりフリーランスからのキャリア形成が増える傾向が見られます。