2018年7月19日

職種、勤務時間、働く場所etc…その内容を大解剖☆

ここ何十年かでインターネットが普及したことにより、多様な働き方が企業側にとっても模索できる便利な時代になってきました。
例えば会社で仕事をすることが常であった社員が会社とインターネットで繋がることにより、昔の時代では考えられなかったリアルな交流がそこには生まれ、新たな仕事の方法が生まれてきたのです。

ただ企業としてはネットで仕事をする時に怖いのはウィルスなどで情報が流出してしまう事態ですが、セキュリティを強化させることで会社としても対策を取るなどして努力しています。

ネットで繋がれば、スカイプやテレビ電話などを使えば離れていても意思の疎通が可能ですし、ネット上での会議もできます。
仕事をすることが会社においてだけでは無いという大変革を、ネットはここ数年でもたらしています。
こういった新たな働き方は、育児や介護などの家庭の事情でどうしても出社することが困難になってきた社員にとって、会社を辞めなくても済む選択肢の1つになっているので、ひいては育ててきた人材を失くさないためにも会社にとっては利益をもたらします。

時代がネットを使った働き方に舵を取り出すことは、人口減少社会の人材確保の点から考えても必要不可欠な現象でしょう。
この事を踏まえて、企業側も社員個人もネットを介した働き方の良い点やリスクなども勉強しながら、来るべき新しい働き方時代の波に乗り遅れることがないように、最大限に前向きに考えていく必要があります。